MENU

オリジナルの時間割

教材

80種類以上の選択科目

興学社高等学院が受験生から選ばれる理由として、選択科目の種類の豊富さがあげられます。一般的な高校のカリキュラムでは、授業のほとんどは必修科目であり、生徒が自分の興味や関心で選ぶことができる選択科目の数は限られています。例えば、音楽と美術、書道のなかから1科目を選ぶ、日本史と世界史・地理のなかから1科目を選ぶなどです。ところが、興学社高等学院では選択授業の科目数が80種類以上もあります。選択科目は数学や英語といった一般的な科目から、パソコン関連や芸術関連、そして趣味関連まで幅広い範囲に及びます。パソコン関連科目には、プログラミングやゲーム制作、タイピングなどの科目があり、非常に細かく区分されているのが特徴です。将来、TVゲームの開発者になりたい人は、高校生のうちからゲーム作りの基礎知識を学べることができ、大きなアドバンテージとなるでしょう。また、趣味関連の選択科目には女子生徒に人気のネイル、漫画やアニメが好きな生徒に人気のアフレコなど、通常の高校にはないユニークな科目まで用意されています。80種類もの科目のなかから、興味がある科目を自由に選んで、自分だけのオリジナル時間割が作れるというのが興学社高等学院のセールスポイントです。興学社高等学院がこのように選択科目の割合を増やしているのは、生徒の自主性を重視し、学習のモチベーションを引き出すためです。毎年多くの受験生が集まるのは、自分の好きなこと、得意なことを伸ばしていく教育を実践しているのが認められたためと考えられます。