飲食店の仕事はスピードが命|POSを導入するのが賢明

レディ

多様な使い方を習得しよう

レジスター

会計だけでなく顧客管理も

スムーズな顧客管理や売上管理、在庫管理を目指したいという場合に、posシステムの導入は不可欠です。posレジは会計の際によく目にしますが、ただの会計システムではありません。posシステムはシステムにあらかじめ商品の金額等を登録しておくことで、販売された時点での商品データを取得できます。これにより、販売時の金額の打ち間違えを防ぐだけでなく、商品ごとの売上、在庫情報を取得することができます。さらに、商品がいつ売れているのか時間帯ごとに分析をしたり、システムによっては顧客情報を入力し、どのようなお客様にどのような商品が売れているのか分析することができます。複数店舗を将来的に構えたい、という場合にはこのシステムは必須と言えますが、一店舗での経営でも非常に有用と言えます。これまで、posレジの導入にはレジスターとシステムの購入で100万円以上を見込む必要があり、これが個人経営でのpos導入の障害になっていました。しかし、現在ではタブレットを利用したposシステムが普及しており、利用料金も月額で4000円程度から利用でき、レジスターやカードリーダーなどの周辺機器を併せて購入しても10万円程度で揃えることができます。ただし、タブレットposでは使える機能に制限があり、台数が増えることによるデメリットもあるので、大規模な商店や多店舗経営を検討しているのであれば従来のような据え置き型のposレジの方が便利になります。登録できる情報はシステムによって差がありますので、どのような目的で利用したいのかを明確にしたうえでposシステムの導入を検討していきましょう。